便利さとの引き換えにお肌へのリスクが不安な除毛クリーム

シャワーを浴びながらもOKだし、塗るだけで簡単に除毛できる便利アイテムのひとつ。 でも、除毛クリームってどうしてあんなに簡単に毛が抜けていくの? 意外と知らない除毛クリームの仕組みとお肌へのリスクをまとめました。

除毛クリームはタンパク質を溶かすから、ムダ毛処理ができるのです

毛がアルカリに弱い性質を利用して脱毛する仕組みで、薬剤の力で毛を溶かして除毛するものです。 つまりタンパク質を溶かす性質があるということです。 弱いとはいえ、私たちの皮膚もたんぱく質でできているので危険がないと言い切れません。 せっかく毎日ボディクリームを塗っていても、水の泡になってしまう可能性も! お肌のことを考えるのであれば、避けたい処理方法のひとつです。

処理回数が多いこともお肌への不安を高めます/h3>

毛穴までは入りこめないので表面にのみ効果があり、根本から除毛できません。 すぐに毛が伸びて来るので頻繁な使用が必要です。 毛根まで効果がないとはいえ、薬剤成分のクリームを直接皮膚に塗るわけですからお肌にに全く影響がないとはいえません。 成分の濃度は薄いにしてもお肌に有害なものも含まれているので、繰り返し長期使用すればするほどお肌へのリスクは高まります。

人によってはかぶれたり、アレルギーを起こす危険があります

多くの商品にパッチテスト(体に一部分で試し塗りをする)を勧める記載があるように、 広範囲に肌荒れを起こす前に必ず試してから使用するのがよいでしょう。 また体に塗ってしばらく放置する際、表示してある規定の時間はきちんと守ることです。 時間が少なすぎても多すぎても効果が期待できません。 多すぎると赤くはれてしまったり、皮膚へのトラブルを招くことになります。 何かしながら時間をつぶすことも多いと思いますが時間が過ぎるのを忘れないようにしましょう。 また毛が残っているからといって連続しようも肌への刺激が強くなるので避けましょう。