気付いていない!皮膚を傷つけちゃうカミソリの危険性

カミソリやシェーバーのメリットは、やっぱり安くそして早くムダ毛が処理できるということ。歴史の深い処理方法という点でも支持されています。そんなムダ毛処理のお局的存在ですが、最近では肌へのダメージの大きさが問題視されています。
というのもカミソリやシェーバーは、ムダ毛の先端をカットするだけの処理方法なので、キレイな状態を保つのが難しい方法でもあります。
人によっては、朝剃っても夕方には生えてしまうという人も…ツルツルのお肌を保つにはかなりの頻度で処理が必要です。
このことが肌への負担を大きくすると懸念されています。

皮膚をそぎ落とすことを繰り返す危険性

カミソリで剃る時にむだ毛と一緒に皮膚のわずかな表面もそり落としているのです。目には見えずらいのでなかなか気づきませんが、私たちの肌には傷やばい菌の侵入をまもるためのバリアがあります。このバリアがはがされてしまっている状態です。
肌が赤くなってしまったり血が出てしまうという、いわゆるカミソリ負けとは別で、バリアがないために普段はなんともない、洋服との接触による炎症などちょっとしたことに反応してしまうようになってしまいます。
本来なら露出しない部分が出てしまっているというキケンな状態なのです。

じゃあカミソリ負けって何?

カミソリ負けは、皮膚のバリア部分より深い部分をそり落としてしまった場合におきます。ひりひりした痛みや火傷のような火照りを感じたりします。ひどい場合は、出血してしまうこともあります。もうここまでくると傷になってしまいます。
厄介なのは、カミソリ負けは一度起こすと慢性化しやすいということです。傷の状態になると、かさぶたができてしまったり肌が滑らかではない状態になります。この皮膚がでっぱった状態でまたカミソリを使用するとその部分をえぐることになってしまいます。

カミソリ前のシェービングフォームや石鹸の泡は意味がある?

これらは、カミソリのすべりを良くするので摩擦で起きる炎症などを予防するのには効果的です。
しかし、泡やクリームのような柔らかいものではカミソリの刃には勝てないので保護するという部分ではあまり効果が期待できません。
お肌のことを最優先に考えるのであれば、かみそりでの処理は控えておきたいところです。