ムダ毛とストレスの関係

体毛の多い少ないはホルモンが関係しています。 男性ホルモンであるアンドロゲンの分泌が多いと眉毛から下の毛、つまり腕や足など体毛が増えます。逆に女性ホルモンのエストロゲンが多いと頭髪の発育を促進します。 男性で薄毛の人はアンドロゲンの分泌量が多い人です。女性で毛深い人はアンドロゲンの分泌量が多いといわれています。 しかも近年、女性で毛深い人や多毛症といわれる人が増えているといいます。これは女性の社会進出が影響していて、仕事上のストレスを感じる機会が多いためです。

ストレスが多いと体内のバランスが色々と崩れていきます

ストレスにより自律神経の機能が本来の働きをしなくなって女性ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンの分泌量が増えたためと考えられます。ストレスを感じるとストレスから防御のために副腎からホルモンが出ます。副腎皮質ホルモン(ステロイド)です。この副腎皮質ホルモンがムダ毛に大きく関係しているのです。

ステロイドで実際に毛深くなった例

ステロイドは皮膚病の治療薬として知られていますが、副作用として体毛が濃くなったり多毛になるといったものがあります。実際、アトピー治療中に薬を塗っているところの毛が濃くなったりするのです。

上手にストレスと付き合うには

ストレスを発散するには趣味を持てとかいわれますが、忙しいのでなかなか難しいですね。
簡単にできる気分転換を上手にすることです。大きな声を出すだけでも、少し気持ちが楽になったりします。